ブライダルインナーの工夫

ウエディングドレスをきれいに着こなすためには、ドレス用のインナーがどうしても必要です。

ですが、専用のインナーはとっても値が張るもの。

1日だけのために用意するのは・・・と躊躇してしまう人も多いようです。

 

以下のポイントを押さえて普通の下着メーカーから購入するのがお勧め。

通販カタログやネットショップを探すと、かなりお手頃な価格で揃えることができます。

 

また、友人や親族が使ったものを譲ってくれるという場合もよくあるようです。

サイズが合えばこれもお勧めです。

 

 

ウエディング用インナー選びのポイント

 

  1. 白系のドレスに透けない色
  2. ドレスに負けない体型補正力
  3. 着替えがしやすいこと

 

※通販の場合は自分のサイズをしっかり測ってから探しましょう。

実際のインナー店舗で一度プロに見てもらい、自分のサイズを測っておけば安心です。

 

※式場付属のブライダル専門店だと下記でお勧めするインナーの組み合わせは高価になる場合があります。

むしろレンタルの方が安くつくこともありますから、比べてみてくださいね。

このサイトではあくまでも基本的にすべて持ち込みで用意する場合を念頭に置いています。
 

1.ドレスに透けないインナーとは

「ブライダルインナー」は純白のものであるべき!という固定概念はなくしちゃって大丈夫。

 

もちろん透けないカラーとして真っ白を選ぶのも良いのですが、ベージュ系もおすすめ。

また、ドレスの素材はインナーのラインを拾いやすいですので、形はシンプルで表に響かないもの。

 

でもそれなら普段使いのインナーとして、既にお持ちの方も多いのではありませんか?

 

式の後も、ちょっとフォーマルなワンピースなどを着るときに使えそうなものを購入することができないか、考えてみましょう。

 

ただし、ドレスのデザインによっては、ドレスの胸元や背中から下着がはみ出てしまう危険もあります。

しっかり形を確認することは忘れずに!

 

 

2.ドレスに負けない体型補正ができるインナーとは

ドレス姿を美しく見せるために、補正力のあるインナーが必要です。

 といっても、選んだドレスによって必要なインナーも変わってきます。

 

どんなドレスにも共通して必要なのは、背筋を伸ばしておくための補正力です。

すてきなドレスなのに猫背、なんてあり得ませんね。

そのためにはコルセットは必須と言えます。

 

コルセットには、ビスチェタイプのもの、パニエもついたものなどいろいろですが、手頃なお値段で買えて補正力も期待できるのは、シンプルなウエストニッパーです。

式の後もワンピースのときなど活用できますし、産後の体型補正にも使えます。

ウエストニッパー+ブラジャーという組み合わせがお勧めです。

 

 

 

下半身の補正用にはロングガードルが必須とされています。

スレンダーなドレスなら、ヒップアップや下着のラインが見えないことも重要ですよね。

でもAラインやプリンセスラインのドレスなら、下半身用の補正はきつくなくて大丈夫。

普段のガードル機能付きショーツにフレアパンツ、というのが体も楽でお値段も張りません。

 

 


3.着替えがしやすいインナーとは

家からドレス用のインナーを着用していく場合は、1人でも着られるかどうか、も選ぶポイントになります。

また、会場で着付けを手伝ってもらう場合、スタッフの目に触れても恥ずかしくないインナーというのもポイントですね。

その点で、フレアパンツは重宝しますよ。

 

2次会に移動するとき、ワンピースに着替えるという場合もあると思います。

その場合も、前述のウエストニッパー+ブラジャーならニッパーだけ外せばよいので楽なんです。

 

 

 

(画像:ブライダルインナー ハグのサイトより引用)
(画像:ブライダルインナー ハグのサイトより引用)

 

ブライダルインナー ハグ

 

ブライダルインナー専門のウェブショップの中でおすすめはここ。

サイトも可愛いし、選び方のコツもわかります。

セットで購入しても1万円ほどでお手頃なのが魅力です。

ブライダルインナー ハグ


概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
手作り結婚式の創り方